お客さまの夢の実現をお手伝いするファイナンシャルプランナーオフィス

お気軽にご相談・お問い合わせください

0120-499-001

お知らせ

オンライン相談できます!

【衛生対策】新型コロナウィルス感染症に関する弊社の取り組みについて

新型コロナウィルス感染症により影響を受けられたお客様へ

新型コロナウィルス感染症により影響を受けられたお客様へ

新型コロナウィルス感染症の拡大する状況下において影響を受けられた皆さまを支援するため、
各保険会社で行われている特別対応をご紹介させていただきます。

  • 保険料払込猶予期間の延長
    保険料の払込が難しい場合、一定期間猶予を受けることができます。
  • 契約者貸付に対する特別金利(無利息)の適用
    解約返戻金の一定割合について無利息で貸付を受けることができます。
  • 保険金・給付金(新型コロナウィルス感染症に罹患された場合)
    自宅や臨時施設での治療であっても、入院給付金を受けられる場合があります。
  • 健康相談サービス
    新型コロナウィルス感染症に関する健康相談サービスを実施している保険会社があります。

保険会社によって対応が異なりますので、具体的な内容につきましては、
各保険会社のホームページをご確認いただくか、ウェイグッドまでご相談ください。

ブログへようこそ

  • 前回は、渡部陽一さんがどうして戦場の子供たちの声を記録する仕事を選んだのか?を書きましたが、
    今回は「戦場で暮らす子供たちの生活、学校での状況報告」です。

    パキスタンでは、宗教の関係で女の子が自由に勉強できないところがまだあります。マララ・ユスフザイさんは11歳にして、タリバン制圧下(女の子の自由教育を認めていない)の生活について記した匿名の日記をBBCウルドゥー語で発表しました。パキスタンで武装勢力による圧政が強まるなか、女性教育を声高に訴えたマララさんは15歳の時、スクールバスの中で頭を銃で撃たれます。これが彼女の存在を世界中に広めました。その後、女性が教育を受ける権利などを訴え、2014年に史上最年少(17歳)でノーベル平和賞を受賞しました。
    これは受賞時の言葉です。
    「戦争は、武器を使ってとめるものでなく、本を手に取り、ペンを握りましょう。それが私たちにとって最も強力な武器なのです。
     1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、それで世界は変えられます。
     教育こそがただ一つの解決策です(世界中を変える1歩の原動力は教育です)。」

    渡部陽一さんがこの地域に行くと、今でも子供達から「日本は自由に勉強できるんですか?」「教科書は何冊あるんですか?」「給食はあるんですか?」と聞かれるそうです。想像のスイッチ、笑顔のスイッチとなる写真を撮りたい、ともおっしゃっています。
    私たちに何ができるのだろう…と考えさせられる講演でした。

    最後に、渡部陽一さんがおっしゃった言葉です。
    「普段の日常の中に非日常の時間をとることが大事」

他のブログ

もっと見る

pagetop