お客さまの夢の実現をお手伝いするファイナンシャルプランナーオフィス

お気軽にご相談・お問い合わせください

0120-499-001

お知らせ

オンライン相談できます!

【衛生対策】新型コロナウィルス感染症に関する弊社の取り組みについて

新型コロナウィルス感染症により影響を受けられたお客様へ

新型コロナウィルス感染症により影響を受けられたお客様へ

新型コロナウィルス感染症の拡大する状況下において影響を受けられた皆さまを支援するため、
各保険会社で行われている特別対応をご紹介させていただきます。

  • 保険料払込猶予期間の延長
    保険料の払込が難しい場合、一定期間猶予を受けることができます。
  • 契約者貸付に対する特別金利(無利息)の適用
    解約返戻金の一定割合について無利息で貸付を受けることができます。
  • 保険金・給付金(新型コロナウィルス感染症に罹患された場合)
    自宅や臨時施設での治療であっても、入院給付金を受けられる場合があります。
  • 健康相談サービス
    新型コロナウィルス感染症に関する健康相談サービスを実施している保険会社があります。

保険会社によって対応が異なりますので、具体的な内容につきましては、
各保険会社のホームページをご確認いただくか、ウェイグッドまでご相談ください。

ブログへようこそ

  • 真剣なのだ!

    40数年続いているお稽古ごとです。
    お琴を前に、譜面台には漢数字の並んだ譜面。そして、象牙の琴爪。
    久々の『ゆかた会』を控えて、何気に猛特訓中。この暑い中で、正座をして弾いていると、膝から汗が滴るほど。これは痩せるかもです(笑)

    『稽古とは一より習い十を知り、十よりかえる元のその一。』
    長いこと、わが師匠の言葉と思っていましたが(笑)、これは茶道の『利休道歌』の一節です。

    初めて一を習う時と十から元の位置に戻って、再び一を習う時とその習う人の心は全く変わっている物である。十まで稽古を重ねて、再び一に戻ると一の本当の理屈が解る。こうした事をくり返しているうちに茶道の真意も理解できる。と言う事なのです。
    そして、途中まで習ったから、これでよいと思った人の進歩はそれで止まってしまうのである。とも書かれています。

    そんなこんなで、40数年も、続いたなぁ~と感じてしまうのでした…

他のブログ

もっと見る

pagetop