お客さまの夢の実現をお手伝いするファイナンシャルプランナーオフィス

お気軽にご相談・お問い合わせください

0120-499-001

お知らせ

新型コロナウィルス感染症に関する弊社の特別対応について

新型コロナウィルス感染症に関する弊社の特別対応について

新型コロナウィルス感染症に罹患された皆さまおよび
関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い収束と罹患された皆さまのご回復をお祈り申し上げます。

また弊社は今般のコロナウィルス感染拡大の状況を踏まえ、
危機対応として以下の取り組みを講じてまいります。

  • お客さまとの面談前の検温実施の徹底
  • お客様訪問前の訪問可否等ご意向確認の徹底
  • マスク着用、アルコール消毒、換気等衛生面の強化
  • 社員の出社日を限定的にするなど勤務体制の一時的変更

詳しくは弊社担当者、またはお客様センター 0120-499-001 へお問い合わせください。

新型コロナウィルス感染症により影響を受けられたお客様へ

新型コロナウィルス感染症により影響を受けられたお客様へ

新型コロナウィルス感染症の拡大する状況下において影響を受けられた皆さまを支援するため、
各保険会社で行われている特別対応をご紹介させていただきます。

  • 保険料払込猶予期間の延長
    保険料の払込が難しい場合、一定期間猶予を受けることができます。
  • 契約者貸付に対する特別金利(無利息)の適用
    解約返戻金の一定割合について無利息で貸付を受けることができます。
  • 保険金・給付金(新型コロナウィルス感染症に罹患された場合)
    自宅や臨時施設での治療であっても、入院給付金を受けられる場合があります。
  • 健康相談サービス
    新型コロナウィルス感染症に関する健康相談サービスを実施している保険会社があります。

保険会社によって対応が異なりますので、具体的な内容につきましては、
各保険会社のホームページをご確認いただくか、ウェイグッドまでご相談ください。

上地明徳先生寄稿 コロナ急落対応マニュアル「コロナ急落で今やるべきこと やっていけないこと」

上地明徳先生寄稿 コロナ急落対応マニュアル
「コロナ急落で今やるべきこと やっていけないこと」

上地 明徳

上地 明徳

一般社団法人 経済教育支援機構代表理事

信州大学経営大学院 特任教授
(ファイナンス論、金融コミュニケーション論)

1958年東京生まれ 京都在住
東京理科大学理学部数学科入学、学習院大学経済学部卒業、早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。モルガンスタンレー証券入社、エクイティ・デリバティブ・トレーダーを経て、1998年日本初のIFA支援型証券である日本インベスター証券(現SBI証券)の創業に参画し、同社専務取締役。2010年SBI証券。同社特別顧問を経て現職。

著書・論文多数。2014年、大阪銀行協会より論文『銀行の投資信託販売と投資家の行動バイアス』で優秀賞を受賞。2016年『年金民営化の経済分析』で特別賞受賞。上地ゼミご紹介

「コロナ急落で今やるべきこと やっていけないこと」PDFをダウンロード

※本資料は、投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたものです。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。また、本資料の内容は必ずしも当社の立場、戦略、意見を代表するものではなく、著者の個人的見解です。

ブログへようこそ

  •  今流行のフェイスブック(FB)を初めて見たのは、2年前に我が家にホームスティしていたタイの女子高生ヌーディが、「お父さん、見てください」と自身のFBを見せてくれた時でした。そこにはタイで家族や友達とはしゃいでいる彼女の写真が数多く貼られていました。今までにアルバムを持参してくるゲストは何人もいたのですが、FBで家族や自分自身を紹介してくれたのは、彼女が初めてでした。
     高校時代にアメリカに留学していた我が家の次女も、帰国後にFBを始めていて、留学時代の友人やホームスティ先の家族と連絡を取り合ったりしていました。
    「なんかすごい時代になってきたなぁ」というのがその時の印象です。

     で今、自分自身が暇を見つけてはフェイスブックを楽しんでいます。知り合いのアップを読んだり、自身の日常のことをアップしたり。それこそ毎日、たくさんの「いいね!」を付けています。
     FBの楽しさは長らく会っていない友人と突然連絡が取れたり、海外の友人と遠く離れていることを感じないほど頻繁に連絡を取れあったりすることです。先日は、中学卒業以来35年間会ったことがない友人から友達依頼が届きました。中学の時は仲が良かったのですが、卒業後はお互いにまったくの音信不通。友達の友達から僕の名前を見つけてくれて、「友達依頼」を送ってくれました。「覚えている?」とのメールに本当に感動してしまいました。今夏には卒業以来初の同窓会が開催されるそうで、そこでの再会を約束しました。ちなみに中学時代のクラスメートに、ボクシングの元世界チャンピオン渡嘉敷勝男君がいます。高校時代のクラスメートには、映画やテレビで活躍している生瀬勝久君がいます。2人ともまだFBは始めていないようです。
     
     冒頭のタイの女子高生には、昨年洪水騒ぎがあったときに、彼女のFBを探し出し、英語で一生懸命文章をしたためてメールを送りました。すると、「お父さん、私は大丈夫です。心配しないでください。我が家には水は来ていません。でも念のために荷物を2階に上げました」と日本語で返信があって大いに驚きました。
     
     皆さんも僕のFBに遊びに来てください。友達依頼をたくさん送ってくださいね。

他のブログ

もっと見る

pagetop