お客さまの夢の実現をお手伝いするファイナンシャルプランナーオフィス

お気軽にご相談・お問い合わせください

0120-499-001

お知らせ

【時短営業のご案内】新型コロナウィルス感染症に関する弊社の特別対応について

【時短営業のご案内】
新型コロナウィルス感染症に関する弊社の特別対応について

新型コロナウィルス感染症の影響を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

現在、ウェイグッドではお客様やお取引先の皆様と社員の健康・安全を考慮し、
勤務形態を一部変更してご相談業務、給付金請求などを引き続き行っております。

緊急事態宣言の解除措置が発表されましたが、引き続き感染防止を第一に考え、
下記の通り勤務形態の一時的変更を行います。
お客様、関係者の皆様におかれましてはご迷惑をおかけしますが、
ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

実施期間6月1日(月)~6月12日(金)
業務体制・時短営業  10時~17時
・社員勤務  出社と在宅の交代制

衛生対策につきましては、「ウェイグッドの衛生対策」をご確認願います。

詳しくはお客様センター 0120-499-001 へお問い合わせください。

【衛生対策】新型コロナウィルス感染症に関する弊社の取り組みについて

新型コロナウィルス感染症により影響を受けられたお客様へ

新型コロナウィルス感染症により影響を受けられたお客様へ

新型コロナウィルス感染症の拡大する状況下において影響を受けられた皆さまを支援するため、
各保険会社で行われている特別対応をご紹介させていただきます。

  • 保険料払込猶予期間の延長
    保険料の払込が難しい場合、一定期間猶予を受けることができます。
  • 契約者貸付に対する特別金利(無利息)の適用
    解約返戻金の一定割合について無利息で貸付を受けることができます。
  • 保険金・給付金(新型コロナウィルス感染症に罹患された場合)
    自宅や臨時施設での治療であっても、入院給付金を受けられる場合があります。
  • 健康相談サービス
    新型コロナウィルス感染症に関する健康相談サービスを実施している保険会社があります。

保険会社によって対応が異なりますので、具体的な内容につきましては、
各保険会社のホームページをご確認いただくか、ウェイグッドまでご相談ください。

上地明徳先生寄稿 コロナ急落対応マニュアル「コロナ急落で今やるべきこと やっていけないこと」

上地明徳先生寄稿 コロナ急落対応マニュアル
「コロナ急落で今やるべきこと やっていけないこと」

上地 明徳

上地 明徳

一般社団法人 経済教育支援機構代表理事

信州大学経営大学院 特任教授
(ファイナンス論、金融コミュニケーション論)

1958年東京生まれ 京都在住
東京理科大学理学部数学科入学、学習院大学経済学部卒業、早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。モルガンスタンレー証券入社、エクイティ・デリバティブ・トレーダーを経て、1998年日本初のIFA支援型証券である日本インベスター証券(現SBI証券)の創業に参画し、同社専務取締役。2010年SBI証券。同社特別顧問を経て現職。

著書・論文多数。2014年、大阪銀行協会より論文『銀行の投資信託販売と投資家の行動バイアス』で優秀賞を受賞。2016年『年金民営化の経済分析』で特別賞受賞。上地ゼミご紹介

「コロナ急落で今やるべきこと やっていけないこと」PDFをダウンロード

※本資料は、投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたものです。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。また、本資料の内容は必ずしも当社の立場、戦略、意見を代表するものではなく、著者の個人的見解です。

ブログへようこそ

  • 先日、大阪府北部を震源地とする大きな地震があり、皆さんも驚かれたことでしょう。平成7年の阪神大震災から23年、記憶に新しい熊本地震からも2年が経ちました。また南海トラフ地震が今後、かなりの確率でやってくると言われています。

    皆さんは災害に対する備えはできていますか?

    私は社会人になってから地元の消防団に所属しております。ご存じかもしれませんが改めて地震に対する備えについて考えてみたいと思います。

    今回残念ながら本棚の下敷きになって亡くなられた方がいらっしゃいました。
    まずは自身の身を守る方法として、家具などが倒れてこないように器具で固定したり、扉が開かないようにする、窓ガラスに飛散防止フィルムを張ることが大事です。

    今回の地震でもライフラインがストップし、食料が届かずスーパーに行っても商品が売り切れになっていたりしました。そういった時のために生活必需品や飲食物などを普段から備蓄することも大事です。何が必要かは詳しく書きませんが、目の悪い方は眼鏡、ソーラー式携帯充電器、プラスチック製のお箸やスプーン、マスクや軍手など普段使わない物が必要となる場合もあるので、想定して準備しておいたほうがいいのではないでしょうか。

    今回、ご家族の安否確認や職場などに連絡を取ろうにも、断線したり回線が込み合っていたりでなかなか繋がらなかったのではないでしょうか?こういった場合、何度も何度も電話すると携帯の充電が無くなってきますので、災害用伝言ダイヤル『171』で伝言を残しておきましょう。またSNSを使うのもいいでしょう。

    最後に、避難場所や避難経路の確認、遠回りになっても危険箇所(悲しいことに小学生の女の子も犠牲になりました)を避けるなど、災害は起こるものだと思ってこういったことをご家族皆さんで共有されてはいかがでしょうか。

他のブログ

もっと見る

pagetop