お客さまの夢の実現をお手伝いするファイナンシャルプランナーオフィス

お気軽にご相談・お問い合わせください

0120-499-001

お知らせ

オンライン相談できます!

【衛生対策】新型コロナウィルス感染症に関する弊社の取り組みについて

新型コロナウィルス感染症により影響を受けられたお客様へ

新型コロナウィルス感染症により影響を受けられたお客様へ

新型コロナウィルス感染症の拡大する状況下において影響を受けられた皆さまを支援するため、
各保険会社で行われている特別対応をご紹介させていただきます。

  • 保険料払込猶予期間の延長
    保険料の払込が難しい場合、一定期間猶予を受けることができます。
  • 契約者貸付に対する特別金利(無利息)の適用
    解約返戻金の一定割合について無利息で貸付を受けることができます。
  • 保険金・給付金(新型コロナウィルス感染症に罹患された場合)
    自宅や臨時施設での治療であっても、入院給付金を受けられる場合があります。
  • 健康相談サービス
    新型コロナウィルス感染症に関する健康相談サービスを実施している保険会社があります。

保険会社によって対応が異なりますので、具体的な内容につきましては、
各保険会社のホームページをご確認いただくか、ウェイグッドまでご相談ください。

ブログへようこそ

  • 10月1日に消費税率が現状の8%から10%に上がります。安倍首相は「10年間は消費税率の引き上げはない」と明言されましたが、果たして本当にそれで大丈夫なのでしょうか?

    8月12日の読売新聞朝刊1面トップ記事から、個人の選択で年金支給開始を75歳まで繰り下げる(給付は8割増)ことも可能になるとの記事がありました。それだけ年金財政も苦しいのです。国の制度に頼るだけではなく、自らの財産をふやしていく【自助努力】がついに必要な時代に突入しました。その対策のひとつとして「投資」があり、iDeCo(イデコ)や積立NISAなどを活用する方が増えてきています。
    投資をしている人は
    <iDeCoの加入者数>平成31年1月現在、約125万人
    <加入資格者(20歳~59歳)>平成30年9月現在、約6000万人

    出典:iDeCo公式サイト
    https://www.ideco-koushiki.jp/news/

    このことから、約50人に1人が加入していることがわかります。また、加入者の約7割の方がインターネット経由で加入されているというデータが出ています。

    「投資のカギ」
    ネット社会の現代は「情報」が山のようにあふれています。そこで重要なポイントになるのは…
    1) いかに正しい情報を読み取るか
    2) 自身に合った方法を選択できるか
    3) 新しい情報をいち早くキャッチできるか

    上手にお金を増やすためには、知識の取得など「自分への投資」を重ねていくことが必要です。例えば、本を読むこと、資格を取ること、有識者に相談することなどで、「時間」というコストをご自身の未来のために投資することです。あくまでもお金は、自分の人生の夢を叶える道具にすぎません。
    今だけを見ていると、「木を見て森を見ず」になってしまいます。将来まで考えておくことがとても重要になっています。人生の計画は良くも悪くもその通りに進まないこともあります。でも「見通しを立てる」ことはできます! まずは、私たちと一緒に人生設計(ライフプラン)を考えて、今日よりも素晴らしい明日をつくってみませんか?

他のブログ

もっと見る

pagetop