お客さまの夢の実現をお手伝いするファイナンシャルプランナーオフィス

お気軽にご相談・お問い合わせください

0120-499-001

社労士 井上ゆかりの誰でもわかる年金のお話

第1章 あなたの年金はどれですか?

あなたの年金はどれですか?どの年金を受け取れるか知っていますか?

日本の公的年金は、日本に居住する20歳以上60歳未満の全員が加入する国民年金をベースにして、そのうえにサラリーマンや公務員などが加入する厚生年金の2種類の制度から成り立っています。よく2階建ての年金と言われているのはこのことです。(実は3階建)
※平成27年10月から “共済年金” は厚生年金に統一

日本の公的年金制度

日本の公的年金制度
国民年金
(第1号被保険者)
厚生年金
(第2号保険者)
国民年金
(第3号保険者)
  • 20歳以上60歳未満の人
  • 自営業者
  • 農林漁業者
  • 厚生年金のない会社勤務
  • フリーター
  • 無職者
  • 学生

など

  • サラリーマン
  • OL
  • 公務員
  • 私立学校教職員

など

  • (女性に限らず)20歳以上60歳未満のサラリーマン・公務員などに扶養される配偶者(年収130万円未満かつ厚生年金未加入者)
国民年金保険料
月額 約15,000円
収入に応じて会社と半額ずつ負担 収入に応じて国・地方自治体等と半額ずつ負担 国民年金保険料は厚生年金が拠出。個別の負担はなし。

まめ知識

国民年金の2分の1は実は税金!!

「自分が歳をとってからもらえるかどうかわからないし、払わない」っていう人。
知らないうちに損してるんですよ!!国民年金に1年加入して納める保険料は「約18万円」ですが、
40年間納めた場合、65歳から受給すると約10年間でモトがとれます。
国民年金として給付される金額は皆さんの納める保険料と税金から成り立っています。
税金として知らず知らずのうちに納めているのにその恩恵を受けられないってことはもったいないですよね。

※本記載は、社会保障制度の概要を説明したものです。詳細につきましては、所轄の年金事務所等にご相談ください。

第2章 老後に貰える年金ってどうなってるの?

pagetop