お客さまの夢の実現をお手伝いするファイナンシャルプランナーオフィス

お気軽にご相談・お問い合わせください

0120-499-001

お金のことをもっと知りたい

NISA(少額投資非課税制度)とは

NISA(ニーサ)とは2014年度から開始された少額投資非課税制度のことを言います。株式や投資信託の投資に対して、税制上20.315%(※)かかる売却益と配当への課税を、NISA口座での取引については、年間100万円を上限に非課税となります。現在のところ10年間継続されることになっています(証券業界は恒久的な制度にするよう政府与党に要請しています)。1年間の投資に対しての非課税期間は最長5年。したがって、一人当たり最大500万円まで非課税になります。

※2037年までは復興特別所得税が上乗せされます。

NISA(少額投資非課税制度)とは

対象となるのは日本にお住まいで、口座を開設する年の1月1日時点で満20歳以上の方が利用可能です。ただし、2016年4月から0歳から19歳を対象とした「子どもNISA」が開始されることがすでに決定しています。子どもNISAの非課税枠は1年間80万円。これにあわせて、一般のNISAの非課税枠が2016年から120万円に増額されることも決まっています。

まとまった資金がない場合には、積立投信のように毎月に数万円ずつを投資するような場合にもNISAは活用できるので、投資未経験者にも有益な制度といえます。

日本ではすでに20年近く低金利が続いており、その間に少子高齢化はどんどんと進んでしまいました。公的年金も徐々に減額されている状況もあり、このままでは老後の生活費が厳しくなる人が続出する危険性があります。そこで多くの方に投資を経験してもらえるような制度が熱望されていました。同様の少額投資非課税制度として開始された英国のISAが、その導入によって英国で投資にチャレンジする方が急増したことにより、ISAを参考にして日本版ISA(N+ISA)として当制度は始まりました。投資未経験者がチャレンジしてみるには絶好の制度だと思われます。まだNISA口座を開設していない方は、ぜひファイナンシャルプランナーに問い合わせてみてください。

お問い合わせはこちら

pagetop