お客さまの夢の実現をお手伝いするファイナンシャルプランナーオフィス

お気軽にご相談・お問い合わせください

0120-499-001

お知らせ

【時短営業のご案内】新型コロナウィルス感染症に関する弊社の特別対応について

【時短営業のご案内】
新型コロナウィルス感染症に関する弊社の特別対応について

新型コロナウィルス感染症の影響を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

現在、ウェイグッドではお客様やお取引先の皆様と社員の健康・安全を考慮し、
勤務形態を一部変更してご相談業務、給付金請求などを引き続き行っております。

緊急事態宣言の解除措置が発表されましたが、引き続き感染防止を第一に考え、
下記の通り勤務形態の一時的変更を行います。
お客様、関係者の皆様におかれましてはご迷惑をおかけしますが、
ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

実施期間6月1日(月)~6月12日(金)
業務体制・時短営業  10時~17時
・社員勤務  出社と在宅の交代制

衛生対策につきましては、「ウェイグッドの衛生対策」をご確認願います。

詳しくはお客様センター 0120-499-001 へお問い合わせください。

【衛生対策】新型コロナウィルス感染症に関する弊社の取り組みについて

新型コロナウィルス感染症により影響を受けられたお客様へ

新型コロナウィルス感染症により影響を受けられたお客様へ

新型コロナウィルス感染症の拡大する状況下において影響を受けられた皆さまを支援するため、
各保険会社で行われている特別対応をご紹介させていただきます。

  • 保険料払込猶予期間の延長
    保険料の払込が難しい場合、一定期間猶予を受けることができます。
  • 契約者貸付に対する特別金利(無利息)の適用
    解約返戻金の一定割合について無利息で貸付を受けることができます。
  • 保険金・給付金(新型コロナウィルス感染症に罹患された場合)
    自宅や臨時施設での治療であっても、入院給付金を受けられる場合があります。
  • 健康相談サービス
    新型コロナウィルス感染症に関する健康相談サービスを実施している保険会社があります。

保険会社によって対応が異なりますので、具体的な内容につきましては、
各保険会社のホームページをご確認いただくか、ウェイグッドまでご相談ください。

上地明徳先生寄稿 コロナ急落対応マニュアル「コロナ急落で今やるべきこと やっていけないこと」

上地明徳先生寄稿 コロナ急落対応マニュアル
「コロナ急落で今やるべきこと やっていけないこと」

上地 明徳

上地 明徳

一般社団法人 経済教育支援機構代表理事

信州大学経営大学院 特任教授
(ファイナンス論、金融コミュニケーション論)

1958年東京生まれ 京都在住
東京理科大学理学部数学科入学、学習院大学経済学部卒業、早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了。モルガンスタンレー証券入社、エクイティ・デリバティブ・トレーダーを経て、1998年日本初のIFA支援型証券である日本インベスター証券(現SBI証券)の創業に参画し、同社専務取締役。2010年SBI証券。同社特別顧問を経て現職。

著書・論文多数。2014年、大阪銀行協会より論文『銀行の投資信託販売と投資家の行動バイアス』で優秀賞を受賞。2016年『年金民営化の経済分析』で特別賞受賞。上地ゼミご紹介

「コロナ急落で今やるべきこと やっていけないこと」PDFをダウンロード

※本資料は、投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたものです。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。また、本資料の内容は必ずしも当社の立場、戦略、意見を代表するものではなく、著者の個人的見解です。

Waygoodについて

わたしたちは、よき人生のアドバイザーとしてお客様と一緒に歩んでいくため、
お客様の価値観・思いをしっかりと聞き取ることを一番大切にしています。

  • 家を持つ
  • 子どもにきちんと教育を受けさせる
  • 穏やかに健やかに毎日を過ごす
  • 家族で旅行に出かける
  • 老後を豊かに過ごす

ありきたりなように思えるけれど「幸せで穏やかな日常」。
しかし近年の厳しい社会情勢においては、そんな「当たり前のこと」すら叶わなくなってきています。
誰もが持つそんなささやかな「夢」を実現させるため、お客様をサポートするのがわたしたちの仕事です。

ウェイグッド

社名の由来

ウェイグッドのWayはアメリカの口語で「はるかに、うんと、ずっと」という意味があります。
つまり「Waygood」は「すっごくいいね~! サイコー!」といった雰囲気の言葉なのです。
日本ではあまり馴染みのない言葉ですが、アメリカでは街中でも頻繁に使われているようです。

また、Wayはその名のとおり“道”を意味します。したがって、Good な生活、人生、あるいは明日に到る道をイメージした社名なのです。“Way”と“Good”という簡単で、日本人にもなじみ深い単語を繋げた言葉であるため、非常に覚えやすい名前だと思います。

弊社の基本コンセプトは、お客様のライフプランに基づいた「夢」の実現をサポートすること。

夢の実現には、1日1日1歩ずつ確実に前進していくことが不可欠です。
私たちはすべてのお客様に今日よりも素晴らしい明日をお届けしたいと考えています。

Waygood Life!
Waygood Tommorow!

私たちのそんな願いや思いを実に見事に表現した社名であると私たちは考えています。
お客様に「Waygood!」と大いに喜んでいただければと心から思います。

社名をWaygoodに決めた大きなポイントがもうひとつあります。それは株式会社ウェイグッドいう会社が、インターネットで検索した限りでは、日本には存在していないという点です。これは前述の通り、“Way”と“Good”という簡単な単語を続けただけの言葉なのですが、「Waygood」と1ワードにすると、日本ではあまり耳慣れない言葉であることが理由だと思われます。あまり使われていない言葉なので、インターネットで「ウェイグッド」を検索していただくと、私たちの会社が絶えずトップに躍り出ることになります。ネット社会でも多くの方々に見つけていただきやすい社名ということで、この名前を採用したのです。

ロゴマークの意味

ロゴマークは片手を大きく掲げた人という文字とWの文字をシンポライズしています。
また上に長く伸びたラインは、突き抜ける、とびぬけるという勢いを現しています。
右肩上がりで勢いある会社を作りたい、
大きく成長しながらお客様を守っていきたい、
そんな私たちの思いを表現してみました。

pagetop